ホーム > 新事業創出支援室

農学部における各種活動

新事業創出支援室


本学部におけるこれまでの取組みを活用し、地域の様々なニーズに応え、新たなビジネスの創出を推進するとともに、新事業への展開をリードできる人材の育成を目指します。



これまでの取り組み

  • 平成26年度 「地域資源活用6次産業化セミナー」の開催
  • 平成25年度 農林水産省新事業創出人材育成事業【九州】
    “ なか九州”新事業創出人材育成事業 →PDF:H25成果報告書
  • 平成24年度 新事業創出人材育成事業成果報告書  →PDF:H24成果報告書
    “ みやざき新事業創出人材育成講座”→PDF:育成講座の案内

『食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)キャリア段位制度』について

生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売・サービス(3次産業)の一体化や連携により、地域の農林水産物を活用した加工品の開発、消費者への直接販売、レストランの展開など、「食の6次産業化」分野の人材の育成、キャリア・アップを支援する資格制度です。
※詳細は国家戦略・プロフェッショナル検定「食の6次産業化プロデューサー」キャリア 段位制度 をご覧ください。 

メンバー紹介

室長
 山本 直之(植物生産環境科学科 教授)
室員
榊原 啓之(応用生物科学科 教授)
松尾 光弘(フィールド科学教育研究センター 講師)
小林 郁雄(フィールド科学教育研究センター 准教授)
小林 太一(産学・地域連携センター 准教授)
中原 敏男(事務次長)

LINK

国家戦略・プロフェッショナル検定「食の6次産業化プロデューサー」キャリア段位制度

このページの先頭へ