ホーム > 農学部について > 大学院 > 農学国際コース

大学院

農学国際コース

◎教育理念・目標

本コースは、農学専攻(一専攻)の特色を活かし、学部教育で不十分であった分野横断型の環境保全的生物生産、動植物の統合的防疫、および生物遺伝資源の保存と利活用に関する課題探求・問題解決型の3つの実践プログラムを提供します。そして、海外の学術交流締結校と連携した相互交流教育を実践することにより、農学に関する多様で高度な専門知識・技能を国際的に活用し展開できる高度専門技術者および研究者を育成することを教育目標とします。

アドミッションポリシー

  1. 国際的視野で食料・環境・資源に関して大学学部レベル相当の基礎的・応用的知識を備え、これらに関する英語による基礎的な表現・読解力を有する人。
  2. 将来、環境保全型生物生産、動植物の統合的防除および生物遺伝資源の保存と利活用に関する分野で国内外で活躍したい人。

カリキュラムポリシー

  1. 環境保全型生物生産、動植物の統合的防除、生物遺伝資源の保存と利活用に関する高度な専門的知識・技術を修得するための科目の設置。
  2. 高度専門職業人として自らの考えを提示・表現できる能力を涵養する科目の設置。
  3. 修士論文を作成する能力を養成する科目の設置。
  4. 国際性を涵養する科目の設置。

ディプロマポリシー

  1. 農学に関する分野横断型の多様で高度な専門知識・技能を修得する。
  2. 環境保全型生物生産の実現や安全で自然環境と調和のとれた持続的な生物生産システムの構築、あるいは生物資源の有する潜在能力の発掘やその利活用を図ることができる。
  3. 国際社会において、上記各分野で指導的立場で活躍できる。
主な研究分野等
国際的な展開・活用を目指す以下の分野。
・植物生産環境科学分野
・森林緑地環境科学分野
・応用生物科学分野
・海洋生物環境科学分野
・畜産草地科学分野
コースのキーワード
環境保全型生物生産
動植物の統括的な防疫
生物遺伝資源の保存と利活用
 
 
 
取得可能な学位
修士(農学)、修士(学術)
取得可能な資格
高等学校専修免許状(農業)
遺伝資源専門技術者(大学認定)
arrow
修了後の進路
公務員、中学・高校教員、試験・研究機関
農業関係団体、農業関連企業、食品加工・流通企業
研究者を目指した大学院(博士課程)への進学
このページの先頭へ