ホーム > 農学部について > 大学院 > 応用生物科学コース

大学院

応用生物科学コース

◎教育理念・目標

生物科学に関わる知識と技術を有し、応用生物科学分野での科学技術の発展に寄与できる総合的な知識と実践力を備えた高度技術者および研究者を養成します。また国際化・情報化時代に対応できる人材の育成を目指します。本コースの修了生は、農業、化学、食品、医薬等の分野の技術者・研究者としての活躍が期待されます。

アドミッションポリシー

  1. 動物、植物、微生物、ならびにそれらを利用した食品が持つ機能やそれらを育む土壌が持つ機能を、生化学的、遺伝子工学的あるいは食品機能化学的に解明するための基礎学力を有している人。
  2. 応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能開発学、植物栄養・土壌学が関わる生物機能科学、および食品科学、栄養化学が関わる食品機能化学に関連するより高度な専門知識と技術を身につけたい人。
  3. 応用生物科学分野で国際的に活躍する意欲のある人。

カリキュラムポリシー

  1. 生物機能科学および食品機能化学に関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。
  2. 応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術を応用して地域・国際社会に寄与できる基礎的能力と協調性・倫理性を養うための科目の設置。
  3. 調査研究から得られる情報・データを正確に解析し、客観的に理解してまとめる能力を修得するための「特別研究」の設置。
  4. 高いコミュニケーション能力と論理的かつ客観的なプレゼンテーション能力および語学能力を養うためのセミナー等の実施。

ディプロマポリシー

  1. 生物機能科学や食品機能化学に関する高度な専門的知識と技術を有し、多方面から論理的に考察し、解決できる能力を有している。
  2. 応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術を応用して地域・国際社会に寄与できる基礎的能力および高い協調性と倫理性を有している。
  3. 諸課題の目的達成のため、専門性の高い研究計画をデザインし、調査研究を進める能力を有している。
  4. 取り組んだ調査研究から得られた情報を正確に解析し、客観的に理解してまとめる能力を有している。
  5. 英語の科学情報を検索・精読できる語学能力を有し、且つ高いコミュニケーション能力と論理的・客観的なプレゼンテーション能力を有している。
主な研究分野等
応用生物化学
微生物機能開発学
植物機能開発学
植物生産化学
食品栄養生化学
資源利用化学
コースのキーワード
バイオテクノロジー
微生物利用
遺伝資源
環境保全型持続的農業
メタボリックシンドローム予防
機能性食品
取得可能な学位
修士(農学)、修士(学術)
取得可能な資格
高等学校専修免許状(農業)
遺伝資源専門技術者(大学認定)
arrow
修了後の進路
食品製造・流通業、発酵・醸造関連業、医療・製薬関連業
化学工業関連業、環境化学関連業、農業関連団体
試験・研究機関等、公務員、教員
研究者を目指した大学院(博士課程)への進学 等

 


このページの先頭へ