ホーム > 農学部について > 大学院 > 植物生産環境科学コース

大学院

植物生産環境科学コース

◎教育理念・目標

本コースでは、植物機能の開発・向上、生物環境の解析・制御、生産・加工・流通における農業生産環境の改善、地域生態系の管理等に関する高度な専門知識を教育し、その研究者や実践者を養成します。さらに国際的視野を持ち、安全で持続的な植物生産とその利活用に寄与できる人材を育成します。

アドミッションポリシー

  1. 植物生産システムに関する大学学部レベル相当の専門的知識を有し、産業の発展に貢献する意欲がある人。
  2. 生物資源の適正管理や農業生産環境の向上に関する専門的知識と意欲を有している人。
  3. 持続的な植物生産のために国際的に活躍する意欲と基礎的な能力を有している人。

カリキュラムポリシー

  1. 植物生産システムに関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。
  2. 生物資源や農業生産環境に関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。
  3. 国際社会での持続的な植物生産に関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。

ディプロマポリシー

  1. 植物生産システムについて高度な専門的知識を有し、農業課題に対して科学的論究ができるとともに、専門性に基づいて産業の発展に貢献することができる。
  2. 経済活動とともに環境に調和した生物資源の適正な管理・利用、食料生産における機械化・装置化など農業生産環境の向上・発展を担うことができる。
  3. 国際社会において、安全で持続的な植物生産とその利活用に寄与することができる。
主な研究分野等
作物学、果樹園芸学、野菜・花き園芸学、園芸利用学、作物生産技術学
応用昆虫学、植物病理学、植物生理学、農業システム学
労働環境工学、生産システム学、農地水環境工学、農業経営経済学、農業技術史学
コースのキーワード
高度な植物生産システム
環境との調和
生物資源の適正利用
農業生産環境の改善
 
 
取得可能な学位
修士(農学)、修士(学術)
取得可能な資格
高等学校専修免許状(農業)
遺伝資源専門技術者(大学認定)
arrow
修了後の進路
試験研究所、農業団体、公務員、教員、種苗業、食品製造加工業、
農薬医薬産業、緑化産業、肥料会社、食品流通業、
農業土木関連産業、農業機械関連産業、農産施設関連産業、
国際協力機構(JICA)、大学院後期博士課程進学 等
このページの先頭へ