ホーム > 農学部について > 大学院 > 畜産草地科学コース

大学院

畜産草地科学コース

◎教育理念・目標

本コースでは、「土―草―家畜のつながり」と「from Farm to Table」を教育理念として、環境調和型・持続生産型の安全で高品質な畜産物生産システムに関する高度な教育研究を通じて、世界的視野を持ち、畜産草地に関して多面的に展開できる理論と専門的技術を修得した高度な専門職業人の養成を目指します。

アドミッションポリシー

  1. 自給飼料に基盤をおいた資源循環・低投入持続型畜産に関する大学学部レベル相当の基礎的・応用的知識を備え、これらに関する英語による基礎的な表現・読解力を有する人。
  2. 食料・飼料自給率の向上や自然・社会環境と畜産物生産システムとの調和に関する諸課題を分析・考察し、解決策を提示する基礎的能力を有する人。
  3. 国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題の解決に積極的に取り組む意欲を有する人。

カリキュラムポリシー

  1. 環境調和型・持続生産型の安全で高品質な畜産物生産システムに関する高度な専門的知識・技術を修得するための科目の設置。
  2. 自然環境と調和のとれた持続的な畜産草地生産システムの構築に関する諸課題に、多面的観点から論議し、解決策を提示する能力を養成する科目の設置。
  3. 国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題に、高度専門職業人としての倫理性・協調性の下、自らの考えを提示・表現できる能力を涵養する科目の設置。
  4. 国際性を涵養するための科目の設置。

ディプロマポリシー

  1. 環境調和型・持続生産型の安全で高品質な畜産物生産システムに関する高度な専門的知識や技術を有する。
  2. 自然環境と調和のとれた持続的な畜産草地生産システムを構築するために求められる諸課題を、多面的観点から論述し、解決策を提示できる。
  3. 地域・国際社会の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題に、協調性、高い倫理性を持ちながら、自らの考えを提示・表現できる能力に習熟する。
主な研究分野等
動物遺伝育種学、動物生殖制御学、動物生理栄養学、動物環境管理学
草地生態システム学、飼料作物学、環境資源学、草類遺伝資源・育種学
暖地草地フィールド科学
コースのキーワード
安全で高品質な畜産物生産システム
環境調和・持続型の草地畜産システム
理論と実践の有機的結合
地域および国際社会への貢献
取得可能な学位
修士(農学)、修士(学術)
取得可能な資格
高等学校専修免許状(農業)
遺伝資源専門技術者(大学認定)
arrow
修了後の進路
公務員、農業関係団体、試験・研究機関、中学・高校教員、畜産食品加工・流通業、飼料・種苗産業、畜産業、緑地・緑化産業、動物園、環境アセス・コンサルタント、研究者を目指した大学院(博士課程)への進学 等
このページの先頭へ