ホーム > 受験生の方へ > 

受験生の方へ

学科のアドミッションポリシー

植物生産環境科学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
植物生産環境科学科は,植物生産に関わる専門知識と国際性を備えた指導力を習得し,環境と調和した効率的・持続的な植物生産,流通システムの開発,最適な機械化技術・安全技術の開発,生産基盤及び物質循環型の農村社会の創出ができ,国際的に貢献できる人材の育成を目指しています。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.理科の基礎的学力を有している人
2.自然現象について知的好奇心の強い人
3.安全・高品質な農・園芸作物の安定供給を考えたい人
4.国際的な視野を広め,日本と海外を舞台にグローバルに活躍したい人
5.地球温暖化・水資源の有効利用などの地球環境に関心を持っている人

森林緑地環境科学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
森林緑地環境科学科は,森林緑地の環境保全と生態系の修復,森林資源や水資源の循環的・安定的利用に関する最新の知識と技術を有し,これらの問題の解決を目指して専門的な立場で活躍できる人材の育成を目指しています。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.自然が好きで理科の基礎学力を有している人
2.地球環境問題に関心を持ち,国際的に活躍したいと考えている人
3.生物多様性の保全と森林資源の持続的利用の両立に関心がある人
4.バイオマスの循環的利用に関する先端的技術の開発に意欲を持っている人
5.洪水や渇水の問題を解決する水の循環・利用の科学に興味を持っている人
6.都市とみどりの融合した新しい機能的空間の創出に挑戦したい人

応用生物科学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
応用生物科学科は,今世紀において地球規模で人類が直面すると予測される生命・食料・環境問題に応えるために創設された学科です。本学科は生物工学の手法を用いた生物の機能と活用,食品の機能と利用法及び安全性についての教育・研究を行っています。そこで本学科では,21世紀における生命・食料・環境問題を解決するために,先端的・独創的な科学技術の発展に寄与できる創造性と問題解決能力を備えた人材と国際化・情報化に対応できる人材の育成を目指しています。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.自然科学,特に化学と生物に深い関心を持ち,これらに関わる基礎学力を有している人
2.バイオサイエンス分野の先端技術を身につけたい人
3.食と健康,食の安全と環境保全に関心を持っている人
4.コミュニケーションに必要な日本語の能力を有している人
5.チャレンジ精神を持って応用生物科学分野の課題に取り組める人
6.国際的に活躍する意欲を持ち,英語の基礎学力を有している人
 
なお,本学科の教育プログラムは,平成16年度にJABEE(日本技術者教育認定機構)より認定を受けております。

海洋生物環境学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
海洋をはじめとした水域環境と自然に対して興味を持ち,理解しようと努力し,生物の生産や管理で活躍したいと考えている方や水域環境の保全を指向する方を歓迎します。太陽系で唯一水に恵まれた地球では,未解明な生物・非生物資源の宝庫でもある海洋が二酸化炭素の吸収や全球の熱収支において最重要な生態系であり,地球の未来を左右します。本学科では広く水圏の生物と環境に関する知識を習得し,ミクロ・マクロな視点で生物の生産利用や環境問題に対応できる人材を育成します。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.生物と自然科学に関する基礎学力を有している人
2.海洋生物や水圏環境の保全に興味を持っている人
3.水域生物の生産・利活用に関心の高い人
4.水族の生理機能に深い興味を持っている人
5.新種生物・新機能物質の発見・開発などに活躍したい人

畜産草地科学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
畜産草地科学科は,良質で安全な畜産物の生産を支える科学を探究します。すなわち,輸入飼料に依存せず,自給飼料生産に基盤を置き,低コスト・省力化の下で限られた自給飼料資源をリサイクルさせる科学の確立を目指します。そのため,本学科では畜産に関する基礎的,応用的な知識を身に付けているばかりでなく,食料・飼料自給率の向上や,自然・社会環境との調和をはかりながら,国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題の解決にも貢献できる人材を育成します。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.生物・化学の基礎学力を有している人
2.動物の飼育や植物の栽培に興味がある人
3.生物生産と自然環境との調和を目指す人

獣医学科

1.教育理念(教育理念・目標、育成する人材像)
獣医学は動物の疾病の予防・診断・治療のための学問として発達してきましたが, 生活の多様化や高度化に伴い,研究分野は動物の保健の向上のみならず,公衆衛生, 医薬品開発,動物愛護,環境保全など,広範囲にわたる生命科学の重要な一翼を担っています。獣医学科は広範な分野で高度な専門性を発揮できる獣医師,さらに動物医学を基本とした幅広い応用能力を身につけ,高い実践能力を備えた人材の育成を目指しています。
2.入学者の受入れ方針(求める人材像)
1.獣医学を学ぶために必要な自然科学の基礎学力(特に生物学,その他化学・物理学など)を有している人
2.観察力と洞察力に優れ,問題を自ら解決する意欲と行動力を持っている人
3.人と動物に対する福祉の精神を持っている人
このページの先頭へ