ホーム > 受験生の方へ

受験生の方へ

学部長メッセージ

豊かな大地の中で、未来への一歩を踏み出そう

日本は豊かな自然環境に恵まれた美しい国ですが、食料自給率や環境、エネルギーの問題を抱え、解決には地球規模での取り組みが求められています。このような食料、環境、エネルギーの分野や、家畜・伴侶動物を含めた生物科学に関する分野の教育・研究を行うのが宮崎大学農学部です。
本学部は分野を明確にした6学科それぞれがフィールド教育の場(農場、牧場、演習林、水産実験所、附属動物病院)を持ち、実践的教育と研究が盛んであることも大きな特徴です。実践の場を通じて各自が課題の探求や解決法を身につけ、主体性と創造性に富む人材として育っていきます。設立から約90年、国内外で活躍する数多くの優秀な人材を輩出してきました。
 さあ、次はみなさんの番です。未来に羽ばたくための確かな一歩を踏み出しましょう。

農学部長 香川 浩彦


農学部の教育理念

本学部は、食料、環境、資源及び生命に関する基礎知識の理解をもとに、広い視野で物事を考える総合的判断力や問題解決能力を涵養しつつ、社会の要請に応えるための農学に関する高度な専門性と技術を修得させ、それらに関する問題解決を通じて地域と国際社会に貢献できる人材を育成することを理念とする。


農学部の教育目標

・幅広い教養と食料、環境、資源及び生命に関する基礎知識に加え、農学分野における高度な知識及び技術を用いて社会のさまざまな課題を探求し解決できる能力を養成する。
・フィールドにおける実践教育を推進し、農学分野において、地域と国際社会に貢献できる人材を育成する。
・専門技術者としての倫理観、情報収集能力、文章表現能力、プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を高める教育を行う。

農学部のアドミッションポリシー(入学者受入方針)


農学部では、その教育理念にもとづいた教育目標を達成するために、「知識・理解」、「思考力」、「表現力」、「主体性」、「協調性」、「学問への関心」を有する人材を求めています。このために、一般、推薦、帰国子女、社会人、留学生、編入学といった多様な入試を実施し、それぞれの入試においては、客観的で透明性のある方法によって入学者を公平に選抜します。


農学部のカリキュラムポリシー


 農学部では、その教育理念に基づき、食料、環境、資源及び生命に関する高度な専門性を修得し、総合的判断力と問題解決能力を通じて地域と国際社会に貢献できる人材を養成するため、以下の方針に 基づいて教育課程を編成・実施します。

【教育課程編成の方針】
1.幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のため、全ての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)、専門基礎科目と学士力発展科目を設置する。
2.農学を学ぶ上で基礎となる知識修得のため、学部共通科目を設置する。
3.専門的な方法論と知識を体系的に学ぶため、専門基盤科目、専門科目を段階的に設置する。
4.学士課程を通して英語能力を涵養するため、専門英語科目を設置する。
5.地域と国際社会に貢献できる人材を育成するために、フィールドにおける実践教育科目を設置する。
6.専門技術者としての倫理観を涵養できる科目を設置する。
7.獲得した知識や技能を統合し、課題を分析、解決する能力を育成するために、卒業論文等の科目を設置する。
【実施の方針】
1.各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知する。
2.主体的に考える力を育成するために、アクティブラーニング(双方向型授業、グループワーク、発表など)を積極的に取り入れるなど授業形態、指導方法を工夫する。
3.成績評価基準・方法に基づき厳格な評価を行う。
4.学位授与方針に基づく学生の学習過程を重視し、在学中の学習成果の全体を評価する。

農学部のディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 農学部では,宮崎大学学部規則に規定する修業年限以上在学し,各学科所定の単位数を修得し,以下の素養を身につけた学生に対して卒業を認定し,学士(農学)の学位を与える。

学 部(全学科に共通する部分)

1.人間性・社会性・国際性:社会の一員としての意識を持ち、義務と権利を適正に行使し、社会の発展のために積極的に関与できる。
 (1)倫理観:自己の良心と社会の規範やルール、モラルに従って行動できる。
 (2)チームワーク:他者と協調・協働して行動できる。
 (3)多文化・異文化理解:多文化・異文化に関する知識を理解できる。
2.主体的に学ぶ力:自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる。
3.コミュニケーション能力:相手の伝えたいことを的確に理解し、有効な方法で自己を表現できる。
 (1)言語リテラシー:日本語と特定の外国語を用いて、読み、書き、聞き、話すことができる。
 (2)他者理解・自己表現力:相手の伝えたいことを的確に理解し、有効な方法で自己を表現できる。
4.課題発見・解決力:課題を発見し、情報や知識を複眼的、論理的に分析して、その課題を解決できる。
 (1)情報リテラシー:情報通信技術(ICT)を用いて多様な情報を収集し、数量的スキルに基づいて分析し、効果的に活用することができる。
 (2)問題解決力:問題を発見し、その問題を論理的に分析し、解決のための方策を考察できる。

植物生産環境科学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)植物生産に関する基礎的・応用的知識:植物生産に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (4)生産環境に関する基礎的・応用的知識:生産環境に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (5)環境調和型農業に関する基礎的・応用的知識:環境調和型農業に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (6)植物生産と生産環境に関する国際的視点,社会貢献力および指導力:植物生産と生産環境に関する国際的視点、社会貢献力および指導力を有し、社会で活用できる。

森林緑地環境科学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)森林・緑地の機能に関する基礎的・応用的知識と国際的視点や課題解決能力:森林・緑地の機能に関する広い知識を修得し、国内外の諸課題に対応できる。
 (4)自然環境や国土保全、水資源利用に関する基礎的・応用的知識:自然環境や国土の保全、水資源の安定的な利用など、安全で持続可能な国土づくりに寄与できる。
 (5)樹木・菌類、非生物材料の特性に関する基礎的・応用的知識:樹木・菌類、非生物材料等の特性を深く理解し、適切に活用することができる。
 (6)多機能型森林緑地管理に関する基礎的・応用的知識と計画・実行力:自然環境や国土の保全、水資源の安定的な利用など、安全で接続可能な国土づくりに寄与できる。
 (7)環境と調和した材料の開発力と緑化の実践力:環境と調和した材料の開発や緑化を実践できる。

応用生物科学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)数学および自然科学に関する基礎知識:数学および化学、生物などの自然科学について理解し、応用できる。
 (4)応用生物科学に関する知識:応用生物化学・微生物機能開発学・植物機能科学・食品製造学・食品栄養生化学の5分野に関する基礎および専門知識を理解し、それを問題解決に応用できる。
 (5)技術者の社会的責任に関する理解:応用生物科学の知識・技術が社会に及ぼす影響を認識し、技術者として必要な責任ある判断と行動について考えることができる。
 (6)制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる力:応用生物科学に関する課題解決のための筋道をデザインし、自立して仕事を計画的に進め、期限内に終えることができる。

海洋生物環境学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)水圏(生物と環境)に関する専門的基礎知識と専門的知識の応用力:水圏(生物と環境)に関する専門的基礎知識を有し、その知識を社会で応用できる。
 (4)環境と食糧生産の諸問題に関する分析力: 環境と食糧生産の諸問題を、データを基に分析できる。
 (5)環境と食糧生産の諸問題の解決に貢献する能力:分析した環境と食糧生産の諸問題を、解決に導くための貢献ができる。
 (6)専門分野における地域社会や国際社会で活躍できる能力:専門分野における域社会や国際社会で、他と協力し活躍できる。

畜産草地科学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)草地・飼料の基礎的・応用的知識・技能:草地・飼料に関する基礎的・応用的知識・技能を有し、社会で活用できる。
 (4)家畜の基礎的・応用的知識・技能:家畜に関する基礎的・応用的知識・技能を有し、社会で活用できる。
 (5)資源・環境の基礎的・応用的知識・技能:資源・環境に関する基礎的・応用的知識・技能を有し、社会で活用できる。
 (6)食料・畜産業・農村の基礎的・応用的知識・技能:食料・畜産業・農村に関する基礎的・応用的知識・技能を有し、社会で活用できる。
 (7)専門分野に関する国際性と課題解決能力:専門分野に関する国際性と課題解決能力を有し、社会で活用できる。

獣医学科
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し、社会で活用できる。
 (3)獣医専門知識:獣医師としての専門知識を有し、社会で活躍できる。
 (4)獣医的倫理観:獣医師としての正しい倫理観を有し、社会で活躍できる。
 (5)獣医的応用・実践・開拓力:獣医専門知識を生かして、応用・実践・開拓ができる。
 (6)地域・国際社会への貢献能力:獣医専門知識を生かして、地域や国際社会へ貢献できる。

グローバル人材育成学部教育プログラム
 グローバル人材育成学部教育プログラムでは,宮崎大学学部規則に規定する修業年限以上在学し,本プログラム所定の単位数を修得し,以下の素養を身につけた学生に対して卒業を認定し,学士(農学)の学位を与える。
1.人間性・社会性・国際性:社会の一員としての意識を持ち、義務と権利を適正に行使し、社会の発展のために積極的に関与できる。
 (1)倫理観:自己の良心と社会の規範やルール、モラルに従って行動できる。
 (2)チームワーク:他者と協調・協働して行動できる。
 (3)多文化・異文化理解:多文化・異文化に関する知識を理解できる。
2.主体的に学ぶ力:自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる。
3.コミュニケーション能力:相手の伝えたいことを的確に理解し、有効な方法で自己を表現できる。
 (1)言語リテラシー:日本語と特定の外国語を用いて、読み、書き、聞き、話すことができる。
 (2)他者理解・自己表現力:相手の伝えたいことを的確に理解し、有効な方法で自己を表現できる。
4.課題発見・解決力:課題を発見し、情報や知識を複眼的、論理的に分析して、その課題を解決できる。
 (1)情報リテラシー:情報通信技術(ICT)を用いて多様な情報を収集し、数量的スキルに基づいて分析し、効果的に活用することができる。
 (2)問題解決力:問題を発見し、その問題を論理的に分析し、解決のための方策を考察できる。
5.知識・技能:学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。
 (1)文化、社会、自然、地域の理解:人類の文化、社会、自然及び地域に関する知識を理解できる。
 (2)農学に関する基礎知識:農学に関する基礎知識を有し,社会で活用できる。
 (3)生物資源およびバイオテクノロジー分野に関する専門性と技術:生物資源およびバイオテクノロジー分野に関する専門性と技術を有し、社会で活用できる。
 (4)専門分野における高度な英語でのコミュニケーション能力:専門分野において英語で効率的に他者とコミュニケーションができる。
 (5)専門分野に関する国際性と課題解決力:生物資源やバイオテクノロジー等グローバル人材育成学部教育プログラムを通して培った国際性と課題解決能力を使って国内外の諸課題に対応できる。



このページの先頭へ