化 学 実 験 編
T.はじめに
1 化学実験における安全 
1.1 事前の準備 
1.2 実験中の注意
1.3 実験終了時の注意
2 薬品の安全取扱い 
2.1 一般的注意
2.2 危険性物質
2.3 一般試薬類
2.4 取扱いの注意
3 事故事例

U.危険性物質の特徴・性質

1 腐食性物質
 1.1 酸 
1.1.1 硫酸 
1.1.2 塩酸 
1.1.3 硝酸
1.1.4 フッ化水素酸
1.1.5 過塩素酸
 1.2 アルカリ
1.2.1 水酸化ナトリウム、水酸化カリウム
1.2.2 アンモニア水

2 発火性物質
 2.1 強酸化性物質
2.1.1 過塩素酸、過塩素酸塩
2.1.2 無機過酸化物 
2.1.3 有機過酸化物
2.1.4 硝酸塩
2.1.5 過マンガン酸塩
2.1.6 過酸化水素
 2.2 強酸性物質
 2.3 低温着火性物質
2.3.1 黄リン、赤リン
2.3.2 硫化リン 
2.3.3 硫黄
2.3.4 金属粉、金属リボン
 2.4 自然発火性物質 
2.4.1 有機金属化合物
2.4.2 還元金属触媒
 2.5 禁水性物質

3 引火性物質
 3.1 可燃性ガス
 3.2 引火性液体
3.2.1 特殊引火物
3.2.2 一般の引火性物質

4 爆発性物質
 4.1 分解爆発性物質
 4.2 火薬類 

5 混合危険物

V.有毒物質の特徴・性質
1 毒性ガス
2 毒物、劇物
3 特定有毒物質
4 腐食性物質
(表−1)毒物、劇物、その他の一覧表
(表−2)混合によって激しく反応する物質表
(表−3)混合によって有毒ガスを発生する
     物質表
(表−4)一般溶剤の性質表
(表−5)宮崎大学で主に使用している農薬と
     その毒性


                
                  
W.放射線の利用
1 放射性同位元素(Radioisotopes、RI)
の取扱い
 1.1 実験に際しての一般的な注意
1.1.1 作業前
1.1.2 管理区域への立入
1.1.3 密封RI使用時の注意
1.1.4 非密封RI使用時の注意
1.1.5 RI装備機器使用時の注意
1.1.6 退出時の注意
1.1.7 時間外利用の注意
 1.2 廃棄 
 1.3 汚染の防止と除去
1.3.1 汚染防止
1.3.2 汚染除去 
 1.4 保管
 1.5 記帳 
 1.6 個人被ばく管理
 1.7 紛失・盗難の予防
 1.8 緊急時の措置 
 1.9 主要非密封RIの安全取扱い 

2 エックス線装置等およびECDの取扱い
 2.1 一般的な注意
 2.2 ECDの使用 
 2.3 エックス線装置等の使用 
 2.4 管理区域に関する遵守事項
 2.5 廃棄
 2.6 教育及び訓練 
 2.7 健康診断 

X.特に注意すべき機械、器具の取扱い
1 ガラス器具、ガラス細工 
 1.1 ガラス器具使用上の一般的注意 
 1.2 ガラス細工を行う時の一般的注意
2 オートクレーブ、高圧ガス容器
 2.1 オートクレーブ使用上の一般的注意
 2.2 ボンベ使用上の一般的注意 
 2.3 各種高圧ガス取扱い上の注意
3 ドラフト使用上の一般的注意

Y.事故発生時の応急処置について
1 事故が発生した場合の応急処置
 救 急 連 絡
 保健管理センターの利用
 別表【木花キャンパス近くの病院】
【田野フィールド(田野地区)近くの救急病院】
【田野フィールド(大納地区、崎田地区)
            近くの救急病院】
【住吉フィールド近くの救急病院】
【延岡フィールド近くの救急病院】
2 応急手当 
 別表【外科的応急手当】
   【薬品中毒の応急手当】
3 各種火災時における緊急連絡体制

Z.その他

1 危険物の貯蔵、保管

2 実験廃棄物の取扱い
 2.1 実験廃棄物の分類
 2.2 排水
2.2.1 排水系統
2.2.2 排水の取扱い
 2.3 実験廃液
2.3.1 実験廃液処理のプロセス
2.3.2 分別貯留区分
2.3.3 実験廃液の取扱い上のお願い
2.3.4 貯留容器
 2.4 個体廃棄物
 2.5 排ガス
 2.6 回収対象外の実験排液

 あとがき

生物実験編 機械・器具編 戻る