ホーム > のうがく図鑑

のうがく図鑑



のうがく図鑑

内容:教員や職員の経験や知識をもとに、教育や研究のおもしろさ、楽しさ、喜び、達成感、苦しみ、悩みなどについて語ります。
著者:農学部・教職員


まえがき

 大学の先生は、とにもかくにも、忙しい。研究費の管理、物品発注、旅費の請求、各種調査依頼に対する対応、自身の評価書の作成や研究室の掃除などの個人的な業務のほかに、大学や学部の管理運営まで、教授から助教まで多少の仕事の違いはあれど、おおむね等しく忙しい。最近は、これに加えて、地域の中核拠点として、産業や教育の活性化を目的とした地域への貢献も重要な仕事になっている。従って、夜遅くまでの勤務や土日の出勤もいとわない。世間で言うところのブラック企業といわれても仕方がない。このような状況で、文句も言わず(よく耳にはするが)、声高に叫ばないのには訳がある。このような苦労をしても、やりたいことや守りたいことがあるからである。それは、大学としての本来の仕事、つまり教育や研究にほかならない。そこに、研究の楽しみや喜びがあり、学会発表や論文執筆を通して世間に知らしめる達成感がある。また、それらの面白さを学生に伝える教育の醍醐味を味わえるからこそ、苦労をいとわないのである。幸いにも、宮崎大学農学部は、農学、それは、あらゆる分野を含む総合科学であり、基礎研究から応用研究まで幅広く教育や研究を扱っているので、いろいろな分野で奮闘している教員や職員の話題にはことかかない。教育や研究の楽しさ、喜び、おもしろさ、悩みや苦しみなど、教員や職員の経験や知識を元に興味ある物語を提供してくれるものと期待している。
 最近、高校生の理科離れや日本人の博士課程大学院生数が減少している現状がある。この要因の一つとして、本来の科学することの面白さや大学での教育の楽しさが、進学を考えている中学生・高校生に伝わっていないためではないかと考えている。本企画を通して、宮崎大学農学部に入って教育を受けたい、研究をやりたい、そして将来の職業の選択枝の一つとして研究者を目指したいという若者が一人でも増えることを期待している。

農学部長 香川浩彦


最新巻

「おいしく食べて健康になれるトマトを作ろう」


ZUSHIT








 圖師 一文 (植物生産環境科学科・教授)



 皆さんはトマトが好きですか?
 私は大学3年生のころまで嫌いでした。というよりも、おいしくなさそうだったので食べたこともなかった気がします。ここで鋭い人は「えっ」と思ったかもしれません。この文章のタイトルは「おいしく食べて健康になれるトマトを作ろう」で、現在私はトマトの研究をしています。なぜ嫌いなトマトの研究をと思うかもしれませんが、実は大学の研究室に配属されてからおいしいトマトに出会い(初めは先輩から無理矢理食べさせられた気がしますが・・・)、今ではトマトが大好物です。
 では、研究の話をしましょう。おいしいトマトといっても人それぞれ好みが違って、甘いトマトが好き、酸っぱいトマトが好きな人がいるので難しいのですが、私が研究しているのはできるだけ甘いトマトです。さらに、トマトには健康に良い成分も含まれているので、おいしくって健康に良い成分も多いトマトを作ろうとしています。
 どうやって作るのでしょうか?「愛情を込める!」のもいいかもしれませんが、実はトマトをいじめればいじめるほどおいしくなります。このことを、ストレスを与えるといいます。実際には、トマトを栽培する際に水やりを抑えて作ったり(乾燥ストレス)、塩を混ぜた水を使ったり(塩ストレス)します。大きさは小さくなりますが味の濃いトマトになり、スーパーマーケットなどでフルーツトマトと名付けられて販売されています(図1)。

 
1
図1 おいしいトマトの作り方のイメージ図


 私たちは、このようなトマトがどのようなメカニズムでおいしくなるか、健康に良い成分を高めることができるかを研究しています。具体的には、いろいろな種類のトマトに塩ストレスを与えて(図2)、実際に食べてみたり、味や健康に関する成分を測定したりして、おいしさに違いがあるか、なぜ成分が増えたり減ったりするのか調べています。研究するうちに、ストレスを与えるとトマトが水を吸えなくなり果実が小さくなって成分が濃縮したり、枯れないようにいろいろな成分(抗酸化成分といって,私たちにとっては病気の予防などの健康に良い成分です)を作ったりして自分で身を守ろうとしていることが分かってきました(図3)。つまり、トマトが生き残るために頑張っているのを横取りしているということになりますね。少しかわいそうな気もしますが・・・

 
2
3
図2 研究で栽培したトマト。慣行栽培に比べて塩トマトでは大きさが小さくなることが分かります。 図3 乾燥ストレスや塩ストレスによるトマトの高品質化メカニズムのイメージ。


 ところで、このような研究をしていると困ったことが起きます。実際にストレスをかけたトマトを自分たちで栽培しているので、収穫時期になると実験に使うトマト以外はもったいないので食べます。すると、おいしいトマトを食べ飽きたり、普通のトマトが食べられなくなったり、かなりぜいたくな困ったことです。
 最後に、このように初めは嫌いだったトマトを研究するようになったので、人生何があるかわかりませんね。読んでいる皆さんも苦手なことにチャレンジしてみると、もしかしたら・・・ということになるかもしませんよ。



バックナンバー


 
  タイトル   
著者名
第1巻
unagi
香川 浩彦
(農学部長・海洋生物環境学科)
第2巻
atarashii
霧村 雅昭
(植物生産環境科学科)
第3巻
tori
平田 令子
(森林緑地環境科学科)
第4巻
sport
榊原 啓之
(応用生物科学科)
第5巻
megumi
林 雅弘
(海洋生物環境学科)
第6巻
saikingaku
井口 純
(畜産草地科学科)
第7巻
atama
佐藤 裕之
(獣医学科)
第8巻
isya
竹下 稔
(植物生産環境科学科)
第9巻
daichi
清水 収
(森林緑地環境科学科)
第10巻
chikusanbutsu
仲西 友紀
(応用生物科学科)
第11巻
player
田岡 洋介
(海洋生物環境学科)
第12巻
kayanezumi
石若 礼子
(ボランティア支援室
【畜産草地科学科連携教員】)
第13巻
inochi
北原 豪
(獣医学科)
第14巻
hyuganatsu
本勝 千歳
(植物生産環境科学科)
第15巻
mirai
多炭 雅博
(森林緑地環境科学科)
第16巻
biseibutsu
井上 謙吾
(応用生物科学科)
第17巻
yamame
内田 勝久
(フィールド科学教育研究センター【延岡】)
第18巻
bokusou
石垣 元気
(フィールド科学教育研究センター【住吉】)
第19巻
kiseityuu
野中 成晃
(獣医学科)
第20巻
zassou
松尾 光弘
(フィールド科学教育研究センター【木花】)
第21巻
mokuzai
亀井 一郎
(森林緑地環境科学科)
第22巻
kagakuhannou
黒木 勝久
(応用生物科学科)
第23巻
kyouzon
岩槻 幸雄
(海洋生物環境学科)
第24巻
kurogewasyu
石田 孝史
(畜産草地科学科)
第25巻
kouteieki
山崎 渉
(獣医学科)
第26巻
gap
 真 智代 
(フィールド科学教育研究センター【住吉】
教務補佐員)
第27巻
imo
 日吉 健二 
(植物生産環境科学科)
第28巻
mahou
 篠原 慶規 
(森林緑地環境科学科)
第29巻
recipe
平野 智也
(応用生物科学科)
第30
suisanbutsu
田中 竜介
(海洋生物環境学科)
第31巻
kusa
井戸田 幸子
(畜産草地科学科)
第32巻
message
園田 紘子
(獣医学科)
第33巻
training
福重 博貴
(フィールド科学教育研究センター【木花】
技術職員)

このページの先頭へ